「ソドミー」という言葉はご存知ですか?その言葉と五反田風俗の関係性

性風俗の中で暫々語られ、またプレイとしても認識されているオーラルセックスやアナルセックスは、法学に置いて「ソドミー」と表現されます。今でこそオーラルセックスやアナルセックスは極一般的なプレイの一環であり、風俗店などもコースの中に取り込んでいます。

そのプレイに対して寛容である人、受け入れがたい人は個人個人の嗜好の違いであり、道徳観念に縛られているものではありません。しかし時代によっては厳しい処罰の対象ともなっていました。それが高じる状態となるモラルパニックが起こると、オーラルセックスやアナルセックスで愛をはぐくむ同性愛者が激しい排他の対象となります。

正義が多数側にあると強く信じているため。マイノリティは「道徳や常識を逸脱した存在であり、社会の秩序を乱す脅威である」と位置づけ、「自分たちこそ秩序である」と言うものから攻撃されることになります。多数派がマイノリティに対して刑罰を設けることは容易なことですから、時代によっては「法」によって同性愛者が裁かれるといった理不尽も起こっていたわけです。

なぜ同性愛が風俗の一つとして認められず排他されるのかという根拠には、宗教の倫理観があります。「ソドミー」という言葉の語源からも、それは垣間見ることが出来ます。ソドミーは聖書にある「ソドム」の町の名に関連しています。「ソドムの罪」が「ソドミー」です。

ソドムは聖書の中で堕落した町として描かれています。その堕落は創世記の18章から19章に表されています。旅人に扮した2人の天使をソドムの町の住民がどのように扱ったかの物語ですが、この解釈によって「ソドムの罪」について若干の違いが生じます。

ソドムの民が天使が扮した旅人に対して男色を強要します。これを「旅人や貧しきものなどに対するもてなしの心が欠如していること」が堕落なのか、「男色を強要しようとしたこと」が堕落なのか、これが明白ではありません。そのため「もてなしの心の欠如」が堕落であると解釈した土地(宗教や宗派)では聖書が男色を激しく攻撃する根拠とはなりませんが、「男色を強要したこと」を堕落と解釈すると、同性愛に対する攻撃の正当性は聖書に根拠があることになります。

法の成立に聖書の倫理観が大きく関わる国では性道徳の基準となり、法律の中にも盛り込まれていました。しかし人が自由に生きる権利を優先する様になり、ソドミー法は人権侵害や憲法違反だと指摘されるようになります。それによって「ソドミー」が「強姦」の意味だけを残し、同性愛や生殖機能以外を使ったセックスの意味としては用いられないようになっています。

しかしアフリカや南アジア、中東などの国々の中にはいまだにアナルセックスを禁じるソドミー法が存在している国もあります。

◆性行為の全てを女の子にリードしてもらうという体験を満喫できる五反田の風俗
女性とプレイをする時皆様はどの様な感じで行っていますか。男性主導型でプレイを行っている方も多いかもしれませんね。しかしその中には女性にその主導権を委ねている方もいるのではないでしょうか。確かに女性にリードをしてもらうほうが楽な時もあります。

例えば五反田風俗に行ってみると女性の言う通りに従う時が結構多いのではないでしょうか。特にそれはソープランドで多くなってくると思います。五反田のソープランドに入店すると後は五反田のソープ嬢の言う通りにしてプレイを行う事も多いかと思います。

実際男性側が主導権を握るとどの様な事をすれば女性が喜んでくれるのかを探っていく必要も出てきます。しかしそれが逆になってくるとその様な事を考える必要もなく快楽を得る事ができますので、男性の方にしてみてもその方がいいのかもしれませんね。

この様に五反田のソープ嬢とセックスを行う時は普通男性がリードをして行う時が多くなってくると思いますが、時にはそれを交代して五反田のソープ嬢側にその主導権を与えてみるのもいいかもしれません。それによって今までできなかったプレイも行えるかもしれません。

また男性の方にしてみたらいい気分転換になってくる事もあります。一度そう言う機会を持ってみるのもいいかもしれませんね。また、五反田の風俗なども興味が湧いてきたのであれば、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?